お電話はこちら:0584-71-7227

お電話

24時間受付 WEB予約

患者様の状況に応じて
一人ひとりに適した治療を行っていきます

ひかり歯科クリニックでは、実際に治療を始める前に歯周ポケットの検査、歯の動揺度、レントゲン撮影、必要に応じて口腔内写真撮影を行います。歯周病の原因・進行具合は人それぞれ異なりますので、患者様一人ひとりに適した治療を考え、ご提案いたします。 

歯を失う原因:歯周病37.1%、むし歯29.2%

歯を失う原因第1位の「歯周病」とは?

歯周病とは、歯肉炎・歯周炎の総称で、歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌のかたまり(歯周病菌)によって、歯ぐきが炎症を起こし、徐々に周りの組織を破壊していく細菌感染症です。日本では成人の半数以上が歯周病であると言われ、誰もがかかる可能性のある身近な病気です。

歯周病は痛みなどの自覚症状がなく進行するため、気づいた時には重症化しているということも少なくありません。細菌感染によって歯の周りの組織が破壊され、最悪の場合歯が抜け落ちてしまう怖い病気なので、早期発見、治療を心がけましょう。

脳梗塞、心内膜炎、誤嚥性肺炎、動脈硬化、糖尿病、心筋梗塞、低体重児出産・早産、骨粗鬆症

歯周病と全身の関わり

昔から口は万病の元と言われています。実際に歯周病は、全身の病気の発症や悪化の原因の一つとなっていることもあります。そのため医師も歯周病に関心を寄せ、様々な研究が行われています。

歯周病は生活習慣病の、慢性的な炎症です。歯肉の炎症により糖尿病を始め、動脈硬化から心筋梗塞や、脳梗塞の悪化の要因となると言われております。糖尿病は歯周病が良くなると糖尿病の状態も多少なりとも良くなることがわかっています。また、歯周病の細菌が出す毒素により、アルツハイマーの悪化に繋がる可能性もあります。

歯垢(プラーク)をしっかり取り除き、お口の中全体を清潔にしておくことは、歯周病の予防のためだけではなく、全身の健康を保つためにも極めて大切なことなのです。

歯周病のセルフチェック

思いあたる症状をチェックしましょう!

  • 歯肉がときどき赤く腫れる
  • 歯肉がむずむずする
  • 歯が浮いた感じがする
  • 冷たいものがしみる
  • 歯を磨くと歯肉から出血する
  • 朝起きたとき口の中がネバネバする
  • 下の前歯の裏側に歯石がついている
    (ザラザラした感じがする)
  • 歯肉を押すと血や膿が出る
  • 口臭を指摘された・自分で感じる
  • 「サ行」の音が発音しにくい
  • 歯と歯の間に食べ物がはさまりやすい
  • 歯をさわるとグラグラする
  • 歯肉が下がり、歯が長くなった感じがする
  • 以前とは歯並びが変わったような気がする

上記のチェック項目は、当てはまる数が多いほど、歯周病の可能性があります。
歯周病は早期発見・治療が大切です。症状が当てはまった場合は一度ご相談ください。

歯周病の予防と治療法

歯周病基本治療(軽度の歯周病)

歯周病の最大の原因はプラーク(歯垢)と歯石です。原因である歯垢の除去および歯石の除去、根面の滑択化、噛み合わせの調整などが治療の基本となります。また、歯科衛生士による歯磨き指導や歯間ブラシ、デンタルフロスなどで改善をはかります。

基本治療により歯周組織が改善され、ポケットの深さが浅く(2~3mm)維持されればメインテナンス(定期検診)に移行します。

歯周外科治(中度〜重度の歯周病

歯周基本治療で改善されない歯周病に関しては、歯周外科手術を行うことがあります。歯周外科手術とは歯肉に局所麻酔を行った後、歯肉を切開・剥離して歯垢(プラーク)・歯石などをしっかりと除去する治療法です。歯周外科手術で骨を滑らかにし、プラークコントロールを行いやすい口腔環境を作ります。歯周組織が改善されれば、メインテナンス(定期検診)に移行します。

また一度失った骨を再生させる再生療法などもあります。適応は限られており全ての方にできるわけではありませんが、お気軽にご相談ください。

何よりもセルフケアが一番大切です!

歯周病の一番の予防は、細菌のすみかである歯垢(プラーク)をしっかり除去することです。ご自宅での毎日のケア(歯磨き・歯間ブラシ・デンタルフロス)がとても大切です。

1年間の歯のお手入れ時間を計算すると
定期検診でのクリーニング時間:歯磨きなどのセルフケアの時間 1:37
となり、圧倒的にセルフケアの時間が長いのです。

定期検診では、セルフケアのお手伝いをさせて頂くために歯磨き指導も行います。ただし、患者様自身による歯垢(プラーク)のコントロールだけでは口の中の細菌を完全になくすことは難しいため、歯科医師や歯科衛生士による検診や治療を受け、歯をメインテナンスすることも重要です。

院長 安田 直正

【日本歯周病学会専門医】

歯周病で歯がボロボロになってしまっても
諦めないでください!

歯周病が進行すると、次第に歯がグラグラしはじめ、最後には歯が抜け落ちてしまいます。しかし、重度の歯周病であっても諦めてしまうことはありません。適切な処置ができれば治すことができる可能性があります。「治療を受けているけれど、症状が改善しない」「治療途中で放ってしまっている」という方、大切な歯を守るために、まずは一度当院へご相談ください!

歯周病で歯が
ボロボロになってしまっても

諦めないでください!

歯周病が進行すると、次第に歯がグラグラしはじめ、食事のしづらい状態になっていきます。しかし、重度の歯周病であっても諦めてしまうことはありません。しっかりとセルフケアを行い、適切な処置ができれば残すべき大切な歯を保存できる可能性があります。「怖くて、痛くて治療途中で放ってしまっている」という方、大切な歯を守るために、まずは一度当院へご相談ください!