お電話はこちら:0584-71-7227

お電話

24時間受付 WEB予約

大切な歯をむし歯から守るために

むし歯は初期段階では痛みがなく見た目にもわかりづらいため、発見が遅れがちです。一度進行してしまうと痛みがなくなっても自然に治ることはありません。むし歯はなってから治すのではなく、なる前に予防することが一番大切です。早期発見・早期治療に取り組めば、それだけ歯を長持ちさせることができます。
ご自宅での毎日のケアと、歯科医院での定期的なケアを上手に組み合わせてむし歯になるリスクを減らし、いつまでも健康な歯を守りましょう。

むし歯ができる原因の図

むし歯はどうしてできるの?

むし歯とは、お口の中に存在する細菌が食べ物や飲み物に含まれる糖分を分解し作られる「酸」によって歯が溶かされ、穴があいてしまう疾患です。
むし歯は、酸をつくる「細菌(ミュータンス菌)」、酸に溶けやすい「歯質(酸への抵抗力)」、細菌のエサとなる「糖質」の3つの要素に「時間」の経過が加わって発生します。むし歯を防ぐには、この3つの要因を揃えないようにすることが大切です。

ごく初期のむし歯の場合は、進行を防ぐ適切な処置を施すことで、むし歯を削ることなく治すことが可能です。ただし、この段階での自覚症状がほとんどないため、歯科医院で定期的な検診を受けることで早期発見・早期治療、むし歯の予防に繋がります。

日頃からむし歯にならない口内環境を整えていきましょう。

むし歯のセルフチェック

思いあたる症状をチェックしましょう!

  • 歯磨きは一日2回以下
  • 歯熱い物・冷たい物が歯にしみる
  • 歯が抜けたままの箇所がある
  • 間食やだらだら食べることが多い
  • 甘い物をよく食べる
  • 歯並びが良くない
  • 口の中が乾きやすい
  • 被せ物や詰め物をしている歯が多い

上記のチェック項目は、当てはまる数が多いほど、むし歯の可能性があります。
むし歯は早期発見・治療が大切です。症状が当てはまった場合は一度ご相談ください。

むし歯の予防法

歯質の強化

フッ素は歯を強くします。歯科医院でのフッ素塗布や、フッ素入りの歯みがき剤、シーラントによる予防で普段から歯質を強化しましょう。

細菌の除去

毎日の正しい歯磨きや、歯科医院で歯垢(プラーク)をとってお口をきれいにしましょう。

バランスの良い食事

甘いものを控え、よく噛んでバランスの取れた食生活を心がけましょう。